問題解決! 知っておくべき『声と歌の法則』

音声生理学者*小山裕之

 

【日本全国の方にリサーチ!】

次の5つの『声・歌』に関する問題のうち、
  ~ あなたはどれを解消したいですか?~
—————————————————
※音程・フレージングコントロール
※音域・声域
※声量
※ブレス・息のコントロール
※声質、声の音色・トーン
—————————————————

音楽のジャンルにかかわらず、
歌うことが好きな人は、

・・・声の調子が良いと気分も・・・ノリがいい~!
・・・声の調子が落ちると、気分も・・・のらない!!

体調が日々変化するように、声のコンディションも変わります。
もし声の調子が落ちても、

・・・その原因がわかり、
・・・その対策が打てて、セルフメンテナンスできたなら、

あなたのノリはいかがでしょう!

 

——————————————————-***
【クラシックの声楽・ポップス・ロック・ジャズ
             演歌・民謡・童謡・・・ 】

これから連載するコンテンツは、
あらゆる歌のジャンルに共通する、声のための基本的な
『法則』『方法』『知識』を提供し、疑問にお答えするものです。

・一般的にまだあまり知られていない、声(音声生理)の『法則』
・具体的なコンディションの『チェック方法』
・声の調子を取り戻すための副作用の少ない『調整方法』
・歌の中での苦手な部分、問題対策、リスクの少ない『効果的練習法』
・日常、『声を守るための注意』
・注意を要する、あまり『やらないほうが良い練習』
『やってはいけない練習』
・声だけでなく健康のためにも良くない『もっとも危険な練習』

などなど、順次紹介し、『声や歌のお悩み』『質問』等も、
メールでお寄せいただければ、可能な限りお答えするつもりです。

もし、大事な個人情報である、
日ごろ使っている自分のアドレスを知られたくなければ、
Yahoo メールや、Gmail などのフリーメールで新たにアカウントを作り、
私への質問用の使い捨てアドレスとして送ってください。

このコンテンツで公表しても良い部分、公表しては困ること、
もちろん匿名で、・・・などなど、しっかりと明記してください。

公表できない部分は、直接メールでお答えします。

—————————————————***
『お悩み・質問』問い合わせメールアドレス
mnvoice◎willcom.com

(◎を@に変えてください)
—————————————————***

 

さてさて、それでは本題に入ります!
冒頭にある『問題点』
—————————————————
・音程・フレージングコントロール
・音域・声域
・声量
・ブレス・息のコントロール
・声質、声の音色・トーン
—————————————————
『恋の悩み』同様、『声の悩み』も尽きません!!
ビミョ~なものも含め、上記以外にもいろいろな問題があると思います。

たとえば、
『このフレーズで言葉の発音がうまくできない』など。

そして、多くの問題が複合・連動していて、
言葉での説明が難しいパターンも多くあります。

しかし単純にわかりやすく説明するのには、
上記5つの区分けではじめるのが良いかと思います。
もちろんその周辺のテーマも含め、多少脱線するかもしれませんが。

まず、当面上記の
『音程・フレージングコントロール』にこだわってみます。

 

—————————————————***
歌の上手・下手の一番わかりやすいバロメーターは、
『音程』がどのくらい外れているか、
コントロールできているかだとでしょうか。

『音痴』・・・心にグサッと刺さる言葉です!

よほどひどくない限り、
自分のことだとは思いたくないでしょう。

『音痴とよばれるほどではないぞ~』と思っていませんか?
もちろん、どのレベルから音痴となるのか、
基準はありませんが・・・・・

『音痴』という言葉、『方向音痴』『味音痴』というのもあります。
まあ、声・歌に限ってお話しするとして。

『リズム音痴』というのもありますが、普通『音痴』というと、
基本的には『音程のコントロール』ができない人を指しますね。
でも、安心してください。

他人が歌っている音程が外れているのがわかるなら、
『真性の音痴』ではありません。『擬似音痴』とでも言いましょうか。
改善していける、可能性大です!!!

他人が歌っている音程が外れているのがわからない人、
・・・これはざんねんながら『真性の音痴』です。
『真性音痴』も少しずつは改善可能でしょう。

他人の音程が外れているのがわかる『擬似音痴』ならば、
そのままでいるのはもったいない。

改善できれば歌だけでなく、健康面にもプラスになることがあります。

次回よりひとつひとつ、典型的な事例をとりあげ、
個々に解説してまいります。
—————————————————***